40歳以上の求人の探し方

40歳以上の求人を探すポイント


リクナビNEXT[無料で使える良サービス]
詳細
★★★★★
多くの転職者が愛用する、定番転職サイト。求人の量が多いことはもちろん、情報の更新頻度が高いため常に最新の情報を手にすることが出来る。無料会員登録を行うことでより便利な機能を利用できます。
簡単1分登録公式サイトはこちら

 

 

(1)転職市場は今や完全な売り手市場

 

求人倍率が好転した理由としては、景気が緩やかに確実に回復しつつあって企業が採用に活発になってきている点と、製造、建設、飲食などが好調で求人が数倍に増えた点と、求人数に対して転職希望者の数がまだ少なめである点が挙げられます。ハローワーク等に顔を出してみれば分かるとおり、仕事を必死で探している40歳の姿が最近はとても目立ちます。

 

40代は50代以上に比較して、まだまだ体力の衰えを感じることも少なく、PCスキルも達者で、エネルギッシュな男女が多いですから、今は転職市場に追い風が吹いていることを念頭に置いて、転職活動に取り組めば採用される可能性は高いでしょう。

 

(2)転職に本当に役立つスキルについて

 

転職を希望している40歳に「どういうお仕事を希望されていますか?」と質問すると、「大企業の事務職」という回答が非常に多いのですが、「事務職」に関しては相変わらず応募が殺到している状況でして、かなりのスキルや実務経験、コネを持った求職者でなければ、早々と転職先を決められない模様です。
“どうしても事務職でなくっちゃ”というこだわりを捨てて、自分に出来ることで心理的に抵抗のない仕事という条件で仕事を探すと、事務職よりもずっと高給で雇ってくれる会社が見つかる可能性は高いです。
ハローワーク等で無料で受講できる職業訓練の中で、「マンション管理者」や「介護士」といった、事務系以外のスキルを磨く講座を受講すると、事務しか出来ないよりは、応募できる企業の数がぐんと増えます。

 

(3)おわりに

 

今の企業は、「転職サイトや転職エージェントに企業が高いお金を支払って求人情報を載せてもらわなければ人材は採用できない」と考えているところが大半ですから、転職を考えている40歳以上の求人を探すには少なくとも3社は登録して、習慣的に転職サイトにアクセスすることが望ましいです。

 

転職サイトに載っている求人のほうがハローワークよりは概して給与が高めですし、仕事内容も同業種にしては高度なものが多いです。
40歳以上の転職希望者になると、そういう「転職サイトを使いこなす人」と、「ネット媒体は全く利用しないで、ハローワーク通いだけする人」に分かれますが、前者のほうが良い情報をふんだんに手に入れています。


ホーム RSS購読 サイトマップ